ayamexのブログ

日々の生活、やりたい事、考えている事など

知覚過敏者のための歯科ケア

10年ほど前から知覚過敏に悩んでいます。

もともと歯のエナメル質が薄いことに加えて、食いしばりで歯が欠けたり、間違ったブラッシングで歯を削ってしまったりしており、

冷たいものを口にできないのはもちろん、状態が悪い頃は流動食しか食べられない時期もありました。


そんな中、ケア方法を歯医者さんに聞いて試して、次のようなスタイルに落ち着いています。

今でも冷たいものは苦手ですが、以前に比べてかなり食べられるようになりました。

 


歯磨きはやさしくブラッシング

知覚過敏者の歯磨き粉はこれ、というもはや説明不要のシュミテクトを使っています。

できるだけ刺激を与えないように柔らかく、小回りのきく小さめヘッドの歯ブラシを使います。

ブラッシングでは、歯ブラシを歯に添え、毛先の「しなり」を利用して優しくブラッシングします。

顎のカーブに沿って横向きにブラッシングすると、力が入りすぎて歯の負担になりがちなので、できるだけ縦向きにブラッシングするようにします。


ブラッシングをゴシゴシやるのは厳禁!歯がどんどん削れて象牙質が出てきたり、知覚過敏の原因になりますので、絶対にやらないようにしましょう。

 

 

フロスで歯間の汚れをとる

虫歯や歯周病予防にはもちろん、口臭予防にもとても効果的なフロスは絶対に外せません。

糸巻きタイプ、ホルダータイプがありますが、自分にとって使いやすくて習慣化しやすい方を選びます。

私の場合、ホルダータイプだと糸が抜けなくなる場所があるので糸巻きタイプを使っていますが、引っかかりさえなければ、Y字型のこのタイプが1番使いやすいと感じました。

クリニカ アドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ 大容量 単品 18本×3

クリニカ アドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ 大容量 単品 18本×3

  • 発売日: 2018/03/20
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

 

ジェットウォッシャーで洗浄

知覚過敏者にとっては水で洗うのは刺激が強すぎるので、お湯でジェットウォッシャー洗浄しています。

ジェットウォッシャーは数年前のベストバイです。

歯間を豪快に水で洗浄するのはとても気持ちが良いので、もしまだ使ってない方は騙されたと思ってぜひ試してみてほしいです。

私は家族全員にプレゼントしたのですが、とても好評で新たな習慣になったと聞いています。

人によっては、歯間から泥のようなゴミが取れたりもするそうですね。

お風呂場に持ち込めるコードレスタイプがお気に入りです。

 

 

フッ素ジェル

最後の仕上げはフッ素ジェルです。

歯のトリートメント的なもの、ということで担当の歯科衛生士さんがお薦めしてくれました。

使った後のスッキリ感も気に入っています。

ライオン チェックアップ ジェル ミント 1450F 75g

ライオン チェックアップ ジェル ミント 1450F 75g

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

 


番外:ココナッツオイルで口を濯ぐ

ココナッツオイルにはホワイトニング効果があるそうです。

大さじ一杯ほどを口に含んでクチュクチュすると良い、と聞き、先月からルーティーンに取り入れてみています。

まだ効果は分かりませんが…何か変化に気がついたらレビューしたいと思います。